企業法務通信

2015.10.26更新

東京都千代田区の半蔵門・麹町エリアの法律事務所で

弁護士をしております、野澤吉太郎です。

少し間が空いてしまいましたが、続きを書きたいと思います。

 

1 回収可能性がなくとも法的手続きを選択する場合


 

前回、回収可能性があることを原則論に据えるべきと書きましたが、

回収可能性を度外視して、

法的手続きをとるべき事例もあると考えています。

 

私が弁護士になりたてのころは、

金融機関は不良債権を早期に処理する必要があり、

そのために、貸金請求訴訟などをはじめとして、

もろもろの法的手続きをとっていました。

 

金融機関の存立基盤を固めるために

裁判などを提起し続けることが必要とされていたのかもしれませんが、

ひととおり不良債権の処理が終わり、

中小企業金融円滑化法の時代が到来してからは、

これらの流れは過去のものになりかけているように思います。

 

現在のご時世で、回収可能性がなくても、

法的手続きを取るべきだと私自身が考えるのは、

債権者のシステムを悪用したり、債権者に難癖をつけたりして

債務を免れようとする場合のように、

放置しておくと債権者のビジネスモデルを維持することが

困難になったり、対外的、対内的に示しがつかなくなる場合です。

 

2 回収可能性がない場合に説明すべき事情


 

事案をお聞きした後に、回収可能性は高くなくても、

訴訟を起こすべきだと提案する場合には、

私は、ご依頼者に対し、未収債権を放置しておくと、

ビジネスモデルへにこれこれの悪影響が及ぶ、という点を、

きちんと説明していくように心がけています。

 

その議論には、多くの場合、経営判断が絡むことになりますので、

弁護士の側にも債権者のビジネスに対する理解が必要になります。

弁護士の側も勉強をしなければならず、

それはそれで大変だな、と思うこともあります。

 

しかし、回収可能性とビジネスモデルに関する議論をないがしろにして、

弁護士に報酬を支払ったのに、

蓋を開けてみれば、回収はできませんでした、ということになると、

ご依頼者のご要望に応えられないことになります。

 

回収のアテがないのであれば、そのリスクも説明し、

それでも法的手続きを取るべき理由を、

ご依頼者にきちんと説明できる実力を持つことが、

これからの弁護士に求められているのだと思います。

 

弁護士野澤吉太郎について 

 

弁護士費用について

 

■「債権回収」についてのその他の関連ブログはこちら

債権回収の方法(1)

債権回収の方法(2)

 

■「債権回収」についてのHPの詳しい情報はこちら

債権回収詳細ページ

 

 

 

■相談・問い合わせはこちらをクリック■

--------------------------------

遠藤法律事務所

弁護士 野澤吉太郎(のざわ きちたろう)

〒102-0083 東京都千代田区麹町1丁目8-8グランドメゾン麹町406

東京メトロ半蔵門線「半蔵門駅」4番出口徒歩2分

TEL 03-5226-0617

HPはこちらをクリック

 

投稿者: 弁護士 野澤吉太郎

2015.10.22更新

東京都千代田区の半蔵門・麹町エリアの

法律事務所で弁護士をしております、野澤吉太郎です。

前回に引き続き、債権回収の方法について、

私の考えをご説明したいと思います。

 

1 法的手続きの重要性


 

弁護士に限らず、様々な士業のホームページで、債権回収を取る際、

法的手続きの利点などが強調してあります。

内容証明郵便による督促、

裁判所を利用する手続き(仮差押、訴訟、強制執行)などは、

本来、弁護士が最も得意とする分野です。

これらの手続きを粛々と進めることは、もちろん非常に大事なことです。

 

私も、特に弁護士になり立ての時期には、その当時の時代背景もあり、

この種の仕事を沢山してきました。

時効完成間際の訴訟などは非常に切迫します。

事案を始めて聞いてから訴状と証拠を作成し、

会社の資格証明書などを取得して、

その日のうちに裁判所に訴状を受け付けてもらったこともあります

(かかった時間は3時間くらいでした)。

この種の職務は、時間を割り当てることができる限り、

基本中の基本です。

細かい手続、運用、解釈論争などについての知識は必要で、

そこに専門性が出てくることは確かですが、

全体的には、できて当たり前、の世界です。

 

2 現実に回収することの重要性 


 

そこに付加価値を付けるとすれば、

どうやって現実の回収に結びつけるか、という点だと思っています。

これは、最も大変なことです。

依頼者に発生するコストとの兼ね合いを考えて、

現実の回収をすることは、それほど容易なことではありません。

私は債務者の代理人として活動することもありますが、

この人は、回収のことを考えているのか?

と疑問を持たざるを得ない弁護士が多いと感じています。

回収ができるのか、という点を原則論に据えて物事を考えるべきです。

 

警戒させないで資産などについての情報を入手したり、

債務者のキャラクターや行動パターン、何に心が動くか、

何が弱みなのかなどを把握するためには、

前回に書いたとおり、弁護士に委任する前のご準備が重要だと思います。

弁護士が出ていくとこれらの情報が取れなくなることがあります。

 

3 相手の心を掴むことの重要性 


  

もちろん、事前の準備などを考えるまでもなく、

弁護士が委任を受け、直接債務者と交渉したり、

内容証明郵便を提出したり、それすらせずに、

問答無用で裁判を起こすことが適切なケースもあります。

しかし、この人は払ってこないだろうな、

と思って裁判を起こしたケースでも、

諸事情あって和解したりすると、その後、

誠実に分割支払をしてくるケースがあったりします。

法的手続きにおいても、手続きを利用して、相手の心を読んだり、

つかんだりことができるか、がキーポイントのように思います。

単純に強硬に事を進めていってもうまくいかないことがあります。

 

債権回収は本当にケースバイケースです。

従来弁護士に求められてきた分野を意識しながら、

付加価値を付けられるよう、

日々研鑽を積まなければならないと思っています。

 

次回は、回収ができなくとも法的手続きを取るべき場合について

書いていきたいと思います。

 

弁護士野澤吉太郎について

 

弁護士費用について

 

■「債権回収」についてのその他の関連ブログはこちら

債権回収の方法(1)

債権回収の方法(3)

 

 

■「債権回収」についてのHPの詳しい情報はこちら

債権回収詳細ページ

 

 

 

■相談・問い合わせはこちらをクリック■

--------------------------------

遠藤法律事務所

弁護士 野澤吉太郎(のざわ きちたろう)

〒102-0083 東京都千代田区麹町1丁目8-8グランドメゾン麹町406

東京メトロ半蔵門線「半蔵門駅」4番出口徒歩2分

TEL 03-5226-0617

HPはこちらをクリック

投稿者: 弁護士 野澤吉太郎

2015.10.21更新

東京都千代田区の半蔵門・麹町エリアの法律事務所で

弁護士をしております、野澤吉太郎です。

今回は、債権回収の方法について、

私の考えるところをご説明したいと思います。

 

1 債権回収における交渉の重要性


  

私は、弁護士が受任する前の債権者の

ご活動の内容が非常に重要だと考えています。

一言でいうと、債権を弁済する相手をあまり警戒させることなく、

いかに、自分から支払う気になってもらうようにするか、

ということです。

弁護士が受任すると、相手は警戒し、

専門家に相談したりするので、後戻りがきかなくなります。

それまでの間にどこまで準備を整えるか、です。

 

たとえば、契約書はないけれども、

順次数百万円を貸し続けていた、などという場合には、

まずは一筆取ることが重要です。

債権者としては、一括払いを要求したいところですが、

あえて、超長期分割払い(+期限の利益喪失条項は付けましょう。)を

債権者の側から提案するなどすれば、

それならいいか、と債務者が思ってくれて、

一筆もらえることもあるかも知れません。

この段階で弁護士が出てきたら、警戒されて、

相手も弁護士に相談して、

手の打ちようがなくなるかもしれません。

 

2 交渉の奥深さ


 

弁護士が受任する前の事の進め方は

いろいろなバリエーションがあります。

この段階は、戦略、戦術の立て方に創意工夫が求められるので、

本当に奥が深く、やり甲斐のある領域です。

この段階での準備は、

法的措置をとるときの準備活動を兼ねることになります。

資産がどこにあるか、どこで働いているか、

などを把握する材料を得たりすることもあります。

弁護士が受任した後は料理を作り、

それ以前の段階では食材を集める、といったイメージでしょうか。

私自身、食材を集めるところから、

きちんと相談に乗れる弁護士をめざしたいと思っています。

 

長くなったので、次の機会に続きを書きたいと思います。

 

弁護士野澤吉太郎について

 

弁護士費用について

 

■「債権回収」についてのその他の関連ブログはこちら

 ・債権回収の方法(2)

 ・債権回収の方法(3)

  

■「債権回収」についてのHPの詳しい情報はこちら

債権回収詳細ページ

 

 

■相談・問い合わせはこちらをクリック■

--------------------------------

遠藤法律事務所

弁護士 野澤吉太郎(のざわ きちたろう)

〒102-0083 東京都千代田区麹町1丁目8-8グランドメゾン麹町406

東京メトロ半蔵門線「半蔵門駅」4番出口徒歩2分

TEL 03-5226-0617

HPはこちらをクリック

 

投稿者: 弁護士 野澤吉太郎

  • 弁護士 野澤吉太郎弁護士・コンサルタント 受付時間 9:30-18:00 土日祝 定休 〒102-0083 東京都千代田区麹町1-8-8-406
  • 弁護士野澤吉太郎をご指名ください 03-5226-0617 お問い合わせ
  • mainimage02_spimg02.png
  • 弁護士 野澤吉太郎 03-5226-0617 お気軽にご相談ください お問い合わせ
  • 企業法務通信
  • 弁護士ブログ